C大阪、3連勝で2位名古屋に1差!MF清武がキャリアハイの今季8得点目

[ 2020年12月6日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ第31節   C大阪3-1札幌 ( 2020年12月5日    札幌ドーム )

<札幌・C大阪>後半9分にゴールを決め喜ぶC大阪・清武(右)(左は松田)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 C大阪が3連勝を飾り、2位名古屋と3位G大阪(ともに勝ち点59)に勝ち点1差と迫った。

 序盤の劣勢を跳ね返し、前半40分にFWブルーノ・メンデスが先制弾。後半9分には元日本代表MF清武がキャリアハイとなる今季8得点を決めると、一度は1点差とされながら、同35分にブルーノ・メンデスが2ゴール目を挙げた。2ケタ得点に王手をかけた助っ人FWは「相手の(最終ラインの)背後が空いてくることは分かっていたし、その部分はうまくいった」と充実の表情。今季限りで契約満了となるロティーナ監督の下、残り3試合で天皇杯の出場権獲得を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月6日のニュース