G大阪 川崎Fの優勝絶対阻止や! 22日アウェー浦和戦へ守備整備

[ 2020年11月22日 05:30 ]

G大阪の宮本恒靖監督
Photo By スポニチ

 暫定3位のG大阪は22日に行われる敵地での浦和戦で引き分け以下なら川崎Fの優勝が決まる。勝利だけが求められる一戦を前に宮本恒靖監督(43)は守備を整備したことを明かした。

 前節仙台戦では今季ワーストの4失点で完敗。自慢の堅守が崩壊した。指揮官は「われわれのベーシックな守備の部分。それを呼び戻す練習をしてきた」と強調。「少し組み合わせも変えながら、今までと違ったスタートポジションで試した選手もいる」とテコ入れも示唆した。

 負傷中のFW宇佐美やDF金(キム)英(ヨン)権(グォン)らの戦列復帰は不透明だが、同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。浦和戦後は川崎Fとの対戦も控えている。最後の最後までJリーグの火を消さないためにもまずは赤い悪魔を打ち破る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年11月22日のニュース