大分・片野坂監督、川崎F相手に大金星「サプライズ起こせて良かった」

[ 2020年11月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第28節   大分1-0川崎F ( 2020年11月21日    昭和電ド )

<大分・川崎F>前半34分、川崎F・谷口(右)倒される大分・野村
Photo By スポニチ

 大分が今季圧倒的強さを誇る川崎F相手に意地の“大金星”を挙げた。

 殊勲は背番号10のMF野村。前半34分にDFラインの背後に抜け出し、谷口の一発退場を誘発。自ら得たPKもきっちり決めた。川崎F戦としては6戦ぶりの勝利をチームにもたらし「目の前で優勝を決められたくなかった。川崎相手に自分がどれだけやれるか楽しみで、かなり集中して良い状態で入れた」と胸を張った。

 後半こそ相手に押し込まれたが、序盤から相手のお株を奪うプレスとボール回しで試合を有利に展開した。「攻守においてチャレンジできた」と満足げに振り返った片野坂監督は「大金星です。サプライズを起こせて良かった」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年11月22日のニュース