川崎F、零敗まさかの足踏み…特別なシーズンに異次元独走が招いた“珍事”

[ 2020年11月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第28節   川崎F0-1大分 ( 2020年11月21日    昭和電ド )

<大分・川崎F>前半34分、退場になった川崎F・谷口が大島にキャプテンマークを譲る
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグは21日に各地で6試合を行い、首位の川崎Fは敵地で大分に0―1と敗れた。前半34分に主将のDF谷口彰悟(29)がファウルで一発退場。今季3敗目を喫した。勝てば2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まったが、まさかの足踏み。22日にG大阪がアウェー浦和戦で引き分け以下に終われば、J1史上初めて試合のない日に優勝が決まる可能性が出てきた。 

 試合終了のホイッスルが鳴ると、DF車屋はその場でしゃがみ込んだ。勝てば無条件でリーグ制覇が決まる大一番。鬼木監督は試合前のミーティングで「今日の一発でつかみ取るぞ」とハッパをかけていただけに、まさかの結果となった。MF大島は「モチベーションは高かったので、結果として勝てなかったのは残念」と唇をかんだ。

 これが優勝への重圧か。乾いたピッチに自慢のボール回しが分断され、相手の鋭い出足もあって序盤からミスを連発。GK鄭成龍(チョンソンリョン)の好セーブで何とか失点を防いでいたが、前半34分に決壊する。相手の裏へのロングパスに慌てて戻った谷口が大分MF野村の腕を引っ張ってPKを献上。谷口が一発退場となった上、先制を許した。鬼木監督は「そこはそんなに大きくないと思う」とメンタル面の影響を否定したが、明らかにいつもと違っていた。

 それでも、意地は見せた。数的不利な状況でも選手交代やシステム変更を駆使して猛反撃。MF守田は「大学以来」というセンターバックに入り、リスクを最小限に抑えながらゲームをコントロール。後半22分にはDF山根の右ミドル、同24分にDF登里が左足シュートなどチャンスもつくった。守田は「ほぼチャンスをつくらせず良い内容のゲームができた」と後半を振り返った。

 自力で優勝を決めるチャンスを逃したことで、史上初の珍現象が起きる可能性が出てきた。22日にG大阪が引き分け以下となれば、史上初めて試合のない日に優勝が決まる。大島は「そうなったら複雑な気持ちはありますけど」と正直な気持ちを吐露しつつ「積み重ねてきた部分もある」と切り替えた。まずは結果を待つことになる。 

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年11月22日のニュース