久保、途中出場も短時間で好プレー 地元紙が高評価「危険な存在だった」

[ 2020年11月10日 05:30 ]

スペイン1部   ビリャレアル3-1ヘタフェ ( 2020年11月8日 )

ヘタフェ戦の後半、途中出場し競り合うビリャレアルの久保(右)(共同)
Photo By 共同

 ビリャレアルの日本代表MF久保は2点リードの後半41分から投入され、ドリブルで相手のファウルを誘うなど積極性を見せた。

 地元紙アスは「危険な存在だった」とし、「危険を冒して敵のエリアにボールを出していた」と短時間の出場ながら攻撃のアクセントになっていたと評価した。チームは欧州リーグを含めて公式戦4連勝と好調をキープ。エメリ監督は「チームにとって大きな一歩だった」と手応えを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月10日のニュース