ブレーメン・大迫 長期離脱の可能性 コーフェルト監督「本当に悲劇的」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

ドイツ1部   ブレーメン1-1ホッフェンハイム ( 2020年10月25日 )

大迫勇也
Photo By スポニチ

 ブレーメンの日本代表FW大迫に長期離脱の可能性が浮上した。前半途中から3試合ぶりの出場。見せ場をつくれず、終盤の競り合いで相手選手の足裏が右膝に直撃。治療を受けていったんはピッチに戻ったが、プレー続行不可能と判断されて無念の交代となった。

 ビルト紙(電子版)はコーフェルト監督の「勇也のケガはあまり良くないようだ。(診断を)待たなければいけない。この日の最悪のニュースだ。本当に悲劇的だ」との談話を紹介し「深刻なケガのように見えた」と記した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月27日のニュース