ビリャレアル・久保、リーグ初先発も不発で途中交代 地元紙「つまずいた」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

スペイン1部   ビリャレアル0-0カディス ( 2020年10月25日 )

カディス戦の前半、競り合うビリャレアルの久保(左)(共同)
Photo By 共同

 ビリャレアルのMF久保は今季リーグ7戦目でようやく初先発を果たしたが、見せ場をつくれず後半17分に最初の交代枠で退いた。3トップ右で仕掛ける場面は少なく、相手の厳しいマークもあってシュートは0本。CKやFKでも好機を演出できなかった。

 地元アス紙は1点(3点満点)を付け「久保はつまずいた。ファウルで止める強力なカディスの守備に対抗することができなかった」と評した。

 18日の前節バレンシア戦の退場処分が取り消され、出場可能となった一戦で巡ってきたチャンスを生かせなかった。今季公式戦初先発した22日の欧州リーグ・シワススポル(トルコ)戦で1得点2アシストをマーク。その活躍が中2日での公式戦2試合連続先発につながったが、レギュラー獲りへアピールはならなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月27日のニュース