J2 磐田・遠藤、先制演出で移籍後初勝利「非常にうれしい。もっと点取れる」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

明治安田生命J2第26節   磐田1-0長崎 ( 2020年10月14日    ヤマハ )

右CKをあげる磐田のMF遠藤
Photo By スポニチ

 各地で11試合が行われ、首位徳島は岡山と1―1で引き分け、勝ち点52とした。福岡は新潟を2―1で下して11連勝。勝ち点で徳島と並び、得失点差の2位。3位北九州、4位長崎はともに敗れた。

 J2磐田の元日本代表MF遠藤が、移籍初勝利に導いた。後半2分、遠藤が右CKでゴール前中央へ送り、競り合いからのこぼれ球を高卒ルーキーの三木が左足で先制弾。新人FWのプロ初ゴールを演出したベテランは「何回かニアに引っ掛かってたので、ちゃんと蹴らないと。非常にうれしい。三木もルキアンも能力が高いので、もっと点が取れると思います」と手応えを感じていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月15日のニュース