柏 怪物FWオルンガが今季終盤に長期離脱の可能性浮上 代表招集で最低4試合欠場も

[ 2020年9月30日 14:58 ]

柏のFWオルンガ
Photo By スポニチ

 J1柏のケニア代表FWオルンガ(26)が今シーズンの終盤に長期離脱する可能性が30日、浮上した。チームはこの日、次節10月3日のアウェー横浜FC戦に向けて非公開調整。11月に控えるケニア代表のアフリカ選手権予選の招集について、ネルシーニョ監督(70)は「11月に関してはFIFAカレンダーに沿って行われる代表活動になるので、間違いなく(オルンガは)招集されるんじゃないかと思っている」と、エースの長期離脱も見据えた。

 10月にもケニア代表の国際親善試合2試合が組まれているが、指揮官は「今、私の手元にある情報によると、ケニアサッカー協会とこれから10月の招集について、最終的な話し合いが進められている」と説明。しかし、1番心配なのが新型コロナウイルスの影響で帰国した際、2週間の隔離期間が設けられることだ。「2週間隔離される必要があるというのは我々の耳にも入っており、非常に心配していた」と、苦しい胸の内を吐露した。

 11月のアフリカ選手権予選は9~17日に2試合を予定。オルンガが招集されれば、リーグ戦は最低でも4試合を欠場することになる。さらに帰国後2週間の隔離生活を経て、すぐに試合に出場できるかは不透明。今季J1得点ランクトップの17得点を挙げるストライカーの長期不在は、チームにとっても大きな痛手だ。11月から12月上旬はリーグ終盤の佳境を迎えるだけに、チームにとって大きな困難が待ち受ける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月30日のニュース