鎌田 2アシストで今季初勝利に貢献 目標は「15ゴールに関与」

[ 2020年9月27日 05:30 ]

ドイツ1部   Eフランクフルト3-1ヘルタ ( 2020年9月25日 )

ヘルタ戦の前半、競り合うEフランクフルトの鎌田(右)(共同)
Photo By 共同

 EフランクフルトのMF鎌田が2アシストの活躍で今季初勝利に貢献した。

 開幕2試合連続でトップ下で先発し、フル出場。1―0の前半36分に右からのFKをFWドストの頭に合わせて得点を演出すると、後半26分には右サイドでパスをつないでMFローデの追加点を呼んだ。開幕前には契約を2年延長。「得点とアシストを合わせ、15ゴールに関与」という目標に向けて24歳司令塔が存在感を発揮した。長谷部は3バック中央でフル出場した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月27日のニュース