FC東京 MF品田プロ1号も…“お得意さま”に痛恨の敗戦

[ 2020年9月17日 05:30 ]

明治安田生命J1第24節   FC東京2―3大分 ( 2020年9月16日    味スタ )

<FC東京・大分>後半44分、FC東京・品田がゴールを決める(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 FC東京は痛恨の敗戦を喫した。0―0で迎えた後半8分、自陣深くで安易にボールを失い、3試合連続で先制を許すと後半だけで3失点。後半45分に東京五輪世代のMF品田がプロ初ゴールを決めたが、及ばなかった。

 長谷川監督は「高い位置でボールを奪われて失点し、追いついたあとにチャンスがありつつ、追加点を取られてしまった」と苦い表情。09年からJ1で7連勝中だった“お得意さま”に敗れ、首位・川崎Fの背中が遠くなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月17日のニュース