ウニオン・ベルリン加入の遠藤、欧州初挑戦へ目標は“5G5A”

[ 2020年8月14日 05:30 ]

横浜からウニオン・ベルリンに移籍した遠藤
Photo By スポニチ

 横浜からドイツ1部ウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太(22)が13日、本拠地のスタジアムで記者会見し「10点には絡みたい。5ゴール、5アシストとかを目標にできればと思う」と欧州初挑戦の意気込みを語った。

 遠藤は来年の東京五輪代表入りを目指すスピード豊かなアタッカー。昨年の横浜のJ1制覇に貢献し、今夏に1シーズンの期限付きで初めて海外に移籍した。12日に行われた練習試合では「18」の背番号で新天地での初実戦に臨み、45分間プレー。「ドリブルやスピードの部分でどんどん勝負できればいい」と飛躍を思い描いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月14日のニュース