京都FWウタカ「みんな仲良くしてくれた」古巣・徳島に恩返し弾を…再開初戦に続く2戦連発狙う

[ 2020年7月2日 19:20 ]

 J2京都の元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(36)が古巣との1戦で、2試合連発を狙う。4日に敵地で対戦する徳島には18年シーズンに在籍し、リーグ18試合出場6得点。半年間でJ2甲府へと移籍したが「短い期間でも、みんなが仲良くしてくれた。会えるのを楽しみにしているよ。ただピッチに入れば互いにプロフェッショナル。自分の仕事に集中するし、エキサイティングな試合になる」と待ちわびた。

 リーグ再開の6月28日・磐田戦では、新スタジアム第1号ゴールを含む2ゴール。昇格争いのライバルを蹴散らす立役者になった。甲府に在籍した昨年はJ1昇格プレーオフ戦を含めて2試合2得点するなど、徳島は“お得意様”だ。昇格ライバルを再び撃破し、チームをさらに加速させる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月2日のニュース