シュツットガルト・遠藤 2季ぶり1部復帰へ貢献 指揮官絶賛「最も重要な選手」

[ 2020年6月29日 05:30 ]

ドイツ2部   シュツットガルト1―3ダルムシュタット ( 2020年6月28日 )

シュツットガルトの遠藤航
Photo By スポニチ

 シュツットガルトの日本代表MF遠藤航がチーム2季ぶりの1部復帰に貢献した。

 28日に2位で迎えた最終節ダルムシュタット戦にフル出場。チームは敗れたが、勝ち点3差だった前節3位ハイデンハイムも敗れたため、自動昇格となる2位が確定した。今季シントトロイデン(ベルギー)から加入した遠藤は、昨年11月の第14節から18試合連続フル出場。マタラッツォ監督から「最も重要な選手」と絶賛されるなど中盤の要として活躍した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月29日のニュース