堂安、地元の兵庫医大病院に寄付金「少しでも協力することができ光栄に思う」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

PSVの日本代表MF堂安律
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表の堂安律(PSVアイントホーフェン)が、新型コロナウイルスと闘う医療従事者支援のため、兵庫医大病院に寄付金を送ったと29日、同病院が発表した。

 金額は本人の意向で非公表。手術用ガウンや防護具などの購入に充てられるという。兵庫県出身の堂安は「少しでも協力することができ光栄に思う。医療従事者の方々に感謝申し上げます」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月30日のニュース