プレミアリーグの検査で6人が陽性反応 再開に向けて大きな問題と直面

[ 2020年5月20日 10:08 ]

3人の陽性反応者が出たワトフォードでプレーするウィル・ヒューズ(AP)
Photo By AP

 サッカーのイングランド・プレミアリーグは19日、新型コロナウイルスの検査で3クラブの6人が陽性反応を示し、7日間の自主隔離に入ると発表。17、18日に19クラブの748人の選手、スタッフが検査を受けたもので、AP通信によればそのうち3人はワトフォード(選手1人、スタッフ2人)だったことが明らかになった。

 さらにバーンリーはイアン・ワーン・アシスタントコーチ(52)が陽性だったことを公表。最後の20クラブ目(名前は非公表)は19日に検査を受けたと伝えられている。

 英国では新型コロナウイルスに約25万人が感染してすでに3万5000人以上が死亡。19日だけでも545人が死亡しており、6月12日からの再開を目指しているプレミア・リーグは、6人が陽性反応を示したことで難しい対応を迫られている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月20日のニュース