本田、長友の「行動できる偽善者の方が…」に賛同「売名でいいやん。偽善でいいやん」

[ 2020年5月12日 11:54 ]

2017年、日本代表練習で一緒にランニングする本田(左)と長友
Photo By スポニチ

 サッカー元日本代表MF本田圭佑(33=ボタフォゴ)が12日、自身のツイッターを更新。日本代表DF長友佑都(33=ガラタサライ)の「寄付」に対する意見に賛同するツイートを投稿した。

 長友はコロナウイルスの影響下で困窮を極めるシングルマザーを支援するクラウドファンディング「ひとり親支援プロジェクト」を実行中。11日にはインターネット衣料品通販大手「ZOZO」の創業者で前社長の前澤友作氏(44)が同プロジェクトに500万円の寄付をしたことを明かした。

 前澤氏の寄付が明らかになった後、長友は自身のツイッターに「寄付とか公表すると、売名だとか偽善者だとか言う人いるけど、批判ばかりして何もしない人より、行動できる偽善者の方がよっぽど世の中に影響与えるし、かっこいいと思うぜ!」と投稿。

 すると本田がこのツイートに反応し「売名でいいやん。偽善でいいやん。その寄付で困ってる誰かが救われるって事実は変わらんよ」と“後押し”。「ちゃいまっかー?」と関西弁でフォロワーに確認した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月12日のニュース