本田圭佑、29日から音声コンテンツ参入 錦織ら各分野トップ選手16人出演

[ 2020年4月29日 05:30 ]

ブラジル1部ボタフォゴMFの本田圭佑
Photo By スポニチ

 サッカー元日本代表の本田圭佑が、スマートフォンなどを通じた音声コンテンツの定額制配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を始めることが28日、分かった。男子テニスの錦織圭や米大リーグのダルビッシュ有らトップ選手16人が出演し、多様なテーマについて自らの声で語る。

 サービスは29日開始。ラグビーのリーチ・マイケルやボクシングの村田諒太、白血病と闘う競泳の池江璃花子らも参加する。音声コンテンツは通勤や家事をしながら聞ける便利さがあり、人気が広がっている。料金は月額990円。5月末までは無料とし、休校中の子供たちに向けたメッセージを中心に配信する。

 ナウボイスは本田が経営するナウドゥ社と動画配信のスポーツブルを運営する運動通信社の共同事業。本田は「各界のトップランナーが今までのメディアで発信しなかったことを届けたい。音声には気軽さと独特の深み、オンリーワンの価値がある」と話している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年4月29日のニュース