神戸 消毒、マスク着用など対策尽くす 新型コロナ感染予防徹底も陽性反応

[ 2020年3月30日 22:09 ]

神戸DF酒井高徳
Photo By スポニチ

 神戸は30日、元日本代表DF酒井高徳(29)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。

 クラブとしてはこれまで、感染防止に向けてチーム内外で行動を起こしてきた。2月27日には選手、スタッフに注意喚起。移動する際の自家用車利用、家族を含めた行動記録の管理、換気や手洗い、うがい、消毒、マスク着用の徹底などが言い渡された。翌28日にはスタッフの在宅勤務推奨が始まっている。

 3月3日からは選手、スタッフの検温や体調管理がスタート。翌4日にはケータリングが中止となり、6日には報道陣に対しても感染防止対策が徹底された。その後もチームドクターとの対応協議など対策を尽くしてきたが、Jリーグで初めて感染者が出ることになった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月30日のニュース