川崎F・中村憲剛 高校の大先輩、志村けんさん追悼「本当に残念でなりません」

[ 2020年3月30日 20:47 ]

中村憲剛
Photo By スポニチ

 川崎FのMF中村憲剛(39)は30日、自身のブログを更新し、新型コロナウイルス肺炎のため29日に死去し志村けんさん(享年70)を追悼した。

 志村さんは、中村も在籍した久留米高校(現東久留米総合高校)の1期生で、サッカー部に所属しGKとしてプレーしたという。

 中村は「直接の面識はありませんでしたが、取材やプライベートで久留米高校の話をする折には志村さんがサッカー部の先輩であるという話をしてきました」とし「だからというわけではなく、先輩後輩の間柄でなかったとしても入院されたというニュースを見たときは国民の1人として心の底から回復を祈りました。なので速報を聞いたときにはショックを隠しきれませんでした」と記し「多くの方に愛された志村けんさんを亡くした今、強く思います。本当に残念でなりません。志村けんさん、心からご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

 また「志村さんの命を奪ったウイルスは本当に悲しいことに人と人の繋がりによって、伝播していきます。たくさんの人が、自分の行動が自分の大切な人の命を奪うことになるかもしれない、そう思って行動することによってより多くの感染を防ぐことができるはずなのです。1人1人が少しの想像力と思いやりを持って判断することが大切だと思うのです」と警鐘を鳴らした。

 さらに、「このブログを書いている途中で、酒井高徳選手のコロナウイルス陽性のニュースを目にしました。この後、どうなっていくのかは判断を仰いでからになると思いますが、引き続き自己予防に努めていきたいと思います。高徳の1日でも早い回復を祈っています」とつづった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月30日のニュース