神戸DF酒井高徳が新型コロナ陽性 気を付けて生活も…「本当にどこに潜んでいるかわからない」

[ 2020年3月30日 19:30 ]

神戸DF酒井高徳
Photo By スポニチ

 神戸は30日、元日本代表DF酒井高徳(29)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが確認されたことを発表した。Jリーグの選手で感染が確認されるのは初めて。

 25日の夜中から体調不良を訴え、38・0度の熱を計測。翌26日は37・6度、27日は37・3度。28日には35・8度に下がったものの、同日午後2時にPCR検査を受け、30日の午後5時に陽性判定が出た。

 神戸によれば、酒井以外には選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を呈していないとし、保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定やトレーニング施設のいぶきの森球技場の消毒等の対応を行うという。

 また、酒井はチームを通じて「今回はサポーターの皆さんや一般の方々、全選手、スタッフ、その家族やご友人に不安とご迷惑をおかけしてしまうことになり、本当に申し訳ございません。皆さんが日頃から、一生懸命に予防や対策をされてる中、自分もプロフェッショナルという精神を掲げ仕事をしていることを自覚し、人数の多い場所に行かない、消毒や手洗いをする等、気をつかって生活をしておりました。しかし、それでも、このようなことになり、大変情けなく思っております。今、自分から発信できる事は、コロナウィルスは、本当にどこに潜んでいるかわからないという事です。感染してしまった以上、僕には自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません…。多くの方々にご不安やご迷惑をかけてしまっていること、全ての皆様に心からお詫び申し上げます。大変申し訳ありません」とのコメントを発表した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月30日のニュース