収入世界一バルサが…コロナ禍で選手&職員らの給与削減

[ 2020年3月28日 05:30 ]

バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシ(AP)
Photo By AP

 サッカー界で世界一の収入を誇るスペイン1部バルセロナが「新型コロナウイルス危機による経済的影響を最小限に抑えるため」にFWメッシら選手、スタッフ、職員の給与を削減すると26日に発表した。

 地元メディアによると、クラブが選手側に中断期間の給与70%カットを提案していた。昨年9月にクラブが発表した今季予算10億4700万ユーロ(約1256億円)は達成不可能な状況に陥っており、予算の約53%を占める選手人件費が負担となっているという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月28日のニュース