C大阪・ルーキー西川、五輪延期も前向き「1年先に目標ができた」

[ 2020年3月27日 05:30 ]

リーグ再開に向けて調整する西川(手前)
Photo By スポニチ

 C大阪のルーキーMF西川潤(18)が26日、東京五輪が延期されたことを受け「また新たに、1年先に目標ができた」と前向きに捉えた。26日に大阪市此花区で調整。今季のひとつの目標として五輪出場を掲げていたレフティーは、来年へと先延ばしになったことについて「仕方がないこと。そこに向けて、新たな自分の目標ができました」と語った。

 4年後のパリ五輪も出場資格があり、飛び級でのメンバー入りを目指すのが東京五輪。年代別代表の常連とはいえ、まだプロでの実績はないだけに、5月から再開予定のJリーグで結果を残すことが求められる。「セレッソで試合に出て、アピールすることが大前提。自チームでの活動を念頭に置いてやっていきたい」。28日からチームは6連休ながら、自主トレなどで調整していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月27日のニュース