大宮・DF河面、FK職人だ「キックの精度を上げたい」

[ 2020年3月27日 05:30 ]

 J2大宮のDF河面(かわづら)が居残りでフリーキックの練習に取り組んだ。キックをスタッフに撮影してもらい、ピッチ上でパソコンで確認。「中断が長いサッカー人生で大事な期間になる。キックの精度を上げたい」。

 パソコンには名手の映像も入れてあり、「比較しながらどういう形で入ったときにいいキックができるか参考にしている」という。「まだ模索中だが、決めたい」と左足のFKスペシャリストを目指していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月27日のニュース