浦和・武田 “興梠”に衝撃「シュートまで持って行く形が凄い」

[ 2020年3月6日 05:30 ]

ビデオ通話で取材に応じた浦和MF武田
Photo By スポニチ

 浦和は中断期間で初めて、フルコートを使用した紅白戦(20分×3本)を実施。終了後、ボランチでプレーしたMF武田がビデオ通話による取材に応じ「いつもよりボールに関わることはできた」と手応えを口にした。

 1日に青森山田高の卒業式に出席すると、周囲から「どの選手が凄い?」と質問攻めにあったという。「(興梠)慎三さんが衝撃だったと。体の使い方、シュートまで持って行く形が凄いと伝えました」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月6日のニュース