カズ 疲労の影響考慮し休養も「ウズウズしている」

[ 2020年1月29日 05:30 ]

ベンチから練習を見守る横浜FC三浦
Photo By スポニチ

 横浜FCが28日、宮崎・日南での第2次キャンプを始動した。左でん部に疲労の影響が残るFW三浦知良(52)はチームドクターらと相談の上、この日は練習を自粛。「今日は休養。ウズウズしてる。我慢するのが大変。とにかく焦らないこと」と自分に言い聞かせるように話した。

 万全の状態で開幕を迎えるための前向きな休養だ。2月には53歳になるが、カズ自身、年齢や最年長記録の類いを嫌う。「年齢や最年長記録は重要ではない。どれだけ情熱を持ち、チームの中で機能し、貢献できるかが大事」。プロ35年目、時には“休養”が近道になることも理解している。

 和歌山キャンプ後のチームオフ(26、27日)に続き3日連続の休養を取り、29日からは部分合流する予定だ。「まずは試合に出ること。出たらペナルティーエリア内での仕事をしたい」。左でん部の状態を見極めながら、ウズウズする情熱はピッチにぶつける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月29日のニュース