FC東京・レアンドロ ACL出場へ「いい準備できてる」 長谷川監督「アジアのチャンピオンに」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

都内で行われた新体制発表会に出席した(左から)安部、中村、紺野、アダイウトン、長谷川監督、レアンドロ、ジョアンオマリ、野澤、木村、バングーナガンデ佳史扶
Photo By スポニチ

 FC東京は23日、都内で新体制発表会を開催した。大金社長や長谷川監督、新加入の9選手、“ダブルエンジン”の一角である日本代表FW永井らが出席し、意気込みを語った。

 昨季は最終盤に横浜に逆転され、悲願のリーグ制覇にあと一歩届かなかった。指揮官は得点力アップを掲げて21日まで沖縄で行ったキャンプでは新布陣の4―3―3に着手。鹿島から加入した元ブラジル代表MFレアンドロは「キャンプではいい練習ができたし、仕上がりもいい。プレーオフに向けていい準備ができている」と自信を見せた。

 28日にはACL本戦出場を懸けてセレス・ネグロス(フィリピン)と対戦する。長谷川監督は「東京というチームがアジアのチャンピオンにならなければならない」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月24日のニュース