J2東京Vが始動 移籍の大久保、フルメニューこなす 目標はJ1昇格&2桁得点

[ 2020年1月10日 18:35 ]

<東京V練習>ランニングする大久保(中央)らイレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 J2東京Vが10日、本拠地のよみうりランドで始動、磐田から移籍したFW大久保嘉人(37)も合流し、すべてのメニューをこなした。約1時間のミーティングに続いていきなり約3時間の練習。シャトルランからボールを使った練習、シュート練習と初日とは思えない内容。最後は日没でようやく終了となった。

 大久保は「オフも約2時間体を動かしていた」と言うとおりシャープな動き。シャトルランは川崎F時代の14本から21本に増えたほどだ。

 今回の移籍については「シーズン終盤に話をもらい、自分の中では決めていた。永井さんのサッカーは見ていたし面白そうだなと思っていた。J1でもあまりないし、魅力的」と振り返る。さらに「国見の大先輩で小さい頃から知っていたし、頭が上がらない」と、永井監督の存在が決め手だったことを明かした。そして目標として「J1に上げたいし、2桁得点」を掲げた。若い選手が多いが「いろいろ伝えていきたい」と、意欲を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月10日のニュース