武藤、ベンチ外も自らを鼓舞「歯食いしばってやるしかない」

[ 2019年12月10日 05:30 ]

プレミアリーグ   ニューカッスル2-1サウザンプトン ( 2019年12月8日 )

ニューカッスルの武藤
Photo By 共同

 ベンチ外だったニューカッスルのFW武藤は「チャンスが来た時に良いプレーができないと終わる。いい状態をキープしなくては」と前向きに語った。

 リーグ6戦連続ベンチ外と苦境が続く。それでも「逆に開き直ったじゃないですけど、歯を食いしばってやるしかない」と自らを奮い立たせた。サウサンプトンのDF吉田はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月10日のニュース