冨安、フル出場も2失点絡む 試合後は姿見せず会場後に

[ 2019年12月10日 05:30 ]

セリエA   ボローニャ2-3ACミラン ( 2019年12月8日 )

ACミラン戦の前半、競り合うボローニャの冨安(左)
Photo By 共同

 ボローニャの日本代表DF冨安は右サイドバックとしてフル出場したものの、2失点に絡んでしまった。

 前半13分、相手MFの鋭い寄せを受けてボールを失うと、突破を阻止しようとした味方がPKを献上して失点。後半1分にもクロスのクリアを相手に渡し、そのままミドルシュートを叩き込まれた。試合後は取材エリアに姿を見せず、そのまま会場を後にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月10日のニュース