マルセイユ・酒井宏、“古傷”肩を痛め前半交代「次の試合は大丈夫」

[ 2019年12月5日 05:30 ]

フランス1部   マルセイユ2―0アンジェ ( 2019年12月3日 )

アンジェ戦の前半、プレーするマルセイユの酒井(共同)
Photo By 共同

 マルセイユの日本代表DF酒井宏樹をアクシデントが襲った。右サイドバックで先発し、前半38分にPKを獲得。しかし、このプレーで左肩を痛めてハーフタイムで交代した。

 「日本代表のキルギス戦で肩を痛め、それをもう一回やった感じ。倒れたときにボールがあったせいで肩をひねってしまった」。ただ、本人は痛みが増した際の予防として交代したと明かし、「次の試合は大丈夫」と8日のボルドー戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月5日のニュース