J2東京V 永井秀樹監督の来季続投を発表「夢なき者に成功なし」「夢は必ず叶う」

[ 2019年11月22日 18:36 ]

今季途中にユース監督から昇格したJ2東京Vの永井監督
Photo By スポニチ

 J2東京Vは22日、今季途中にユース監督から昇格した永井秀樹監督(48)と契約更新で合意し、来季も引き続き同監督がトップチームの指揮を執ると発表した。

 永井監督は成績不振によりホワイト前監督が退いた今年7月に自身初となるトップチーム監督に就任した。ロティーナ監督(現C大阪監督)のもと昨季6位でクラブ初のJ1参入プレーオフ進出を果たしたチームだが、今季はリーグ戦1試合を残してここまで13位となっている。

 永井監督はクラブを通じ、以下の通りコメントを発表している。

 2020シーズン東京ヴェルディ監督を引き続き務めさせていただくことになりました。2019シーズン途中、大変難しく厳しい内情、状況から監督を務めさせていただきましたが、まずは就任当初から日々前向きにヴェルディの未来を作るために全力で取り組んでくれた選手達、そしてコーチングスタッフ、メディカル及び全スタッフに感謝したく思います。そしてどんな時もチームを信じ支えていただいているサポーター、ファン、ボランティアスタッフ、スポンサーの皆様に改めて心から感謝申し上げます。我々は観ていただけるファン、サポーターの存在があるからこそ良いサッカーを追求する意味がありますし、ともに戦い喜べる素晴らしきヴェルディサポーター、ファンがいるからこそ前を向いて勇気を持って戦えております。我々の大切な目的は応援していただける皆様を楽しませること、感動させること。そしてヴェルディを誇りに思っていただけることです。東京ヴェルディを愛する皆様に誇りに思っていただけるチームになれますよう、さらにヴェルディらしいサッカーを追求し、魅惑的なサッカーで沢山の人々を幸せにできますよう、全身全霊懸けて取り組んでまいりたく思います。チームを支えていただいておりますスポンサー各社様、多くの関係者の皆様、ボランティアスタッフ、長きにわたり応援していただいております沢山のヴェルディファンの皆様、そして同志であるヴェルディサポーターの皆様とこの先100周年に続く新しいヴェルディの礎を作りつつ沢山の感動と喜びを共有していけたらと願い思います。引き続き変わらぬ東京ヴェルディへのご支援ご声援何卒宜しくお願いいたします。

 夢なき者に理想なし

 理想なき者に計画なし

 計画なき者に実行なし

 実行なき者に成功なし

 ゆえに夢なき者に成功なし

 自分は、夢は必ず叶うと信じています。それを追求する勇気さえ持てば。ヴェルディファミリーで必ず!
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月22日のニュース