神戸、元独代表のFWマリオ・ゴメス獲りへ

[ 2019年11月22日 05:30 ]

 神戸が来季の新戦力として、元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(34=シュツットガルト)の獲得に動いていると20日付の欧州メディアが報じた。かつてBミュンヘンなどで活躍し、ドイツ代表でも通算78試合出場31得点を誇るストライカーに対し、神戸側は既に接触を図ったという。

 ここまでチームトップの12得点を挙げている元スペイン代表FWビジャが今季限りでの引退を表明。その穴を埋められる点取り屋の獲得は今オフの課題となっている。身長1メートル89の大型FWは実績十分で、今後に注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月22日のニュース