ベンゲル氏、日本サッカーについて熱弁「20年前からの弱点が克服できていない」

[ 2019年10月25日 05:30 ]

アーセン・ベンゲル氏(AP)
Photo By AP

 世界的名将が熱弁を振るった。名古屋で監督を務めた後、96年から18年までアーセナルを率いたアーセン・ベンゲル氏(70)が都内で講演。元日本代表監督で現FC今治会長の岡田武史氏(63)らと日本サッカーについて熱く語り合った。

 ベンゲル氏は日本サッカーについて「20年で進化した」としつつ、「20年前からの弱点が克服できていない」とも指摘。18年W杯ロシア大会のベルギー戦を例に出し、「得点されるとパニックになってしまう」と世界トップレベルとの差を話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2019年10月25日のニュース