冨安 左太腿の回復に40日、ボローニャ発表 来月のW杯予選厳しく

[ 2019年10月17日 10:27 ]

モンゴル戦で左足を負傷した冨安(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のボローニャは16日、日本代表の試合で左太腿裏を痛めたDF冨安健洋が回復までに30~40日を要する見込みと発表した。11月14日に敵地で予定されているワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のキルギス戦への招集は厳しい状況となった。

 冨安は今月10日に埼玉スタジアムで行われたW杯2次予選のモンゴル戦で負傷。今季加入したボローニャでは開幕から右サイドバックの定位置をつかんでおり、19日にはリーグ王者のユベントスとの対戦を控えていた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月17日のニュース