アジア最上位イラン、敵地で初黒星 W杯アジア2次予選

[ 2019年10月17日 05:30 ]

 W杯アジア2次予選が15日に各地で行われ、C組でFIFAランク23位(アジア最上位)のイランが敵地で同105位のバーレーンに0―1と苦杯を喫し初黒星。W杯アジア予選では12年以来の敗戦となった。勝ち点を7としたイラクとバーレーンに抜かれて3位に転落。

 B組でオーストラリアは台湾に7―1と大勝し、3戦全勝で首位をキープした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月17日のニュース