シントトロイデン優磨 初先発初ゴール「泥臭いけど、久しぶり」現地メディアMOMに

[ 2019年9月23日 05:30 ]

ベルギー1部   シントトロイデン3―0シャルルロワ ( 2019年9月21日 )

<シントトロイデン・シャルルロワ>移籍後初得点を挙げたベルギー1部シントトロイデンのFW鈴木
Photo By 提供写真

 今夏に鹿島から加入したシントトロイデンのFW鈴木優磨(23)が、初先発のシャルルロワ戦で初得点した。0―0の前半34分、GKとDFに挟まれながら、滑り込んで足先に当てたボールがネットに転がり込んだ。「泥くさいゴールだけど、久しぶりのゴール。勝てて良かった」とチームを快勝に導いて安どの様子を見せた。現地メディアからはマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 2試合連続途中出場の後に迎えた初先発。「多少緊張したが、(点を)決めてからは落ち着いてできた」という。チーム2点目は自身のヘディングがハンドを誘発して得たPK。鹿島では現鳥栖のFW金崎と奪い合うのが恒例だった。それだけに移籍前から「(PKは)譲らない」と話し、待望の場面では「自分が」と主張したが、キッカーは別の選手に。「FWである以上、蹴りたかったのは間違いない」と負けん気をのぞかせた。

 2トップを組むボリとは「お互い孤立する場面がある」と改善の余地もある。出遅れた分を取り戻し、さらなる活躍を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月23日のニュース