U22経験生かす!C大阪19歳DF瀬古 13日浦和戦メンバー入り 指揮官が明言

[ 2019年9月13日 05:00 ]

U―22代表として北中米遠征に参加したC大阪のDF瀬古
Photo By スポニチ

 U―22代表として北中米遠征に参加したC大阪のDF瀬古が13日の浦和戦(埼スタ)でメンバー入りすることが決まった。

 前日11日早朝に帰国し、12日から合流。9日(日本時間10日未明)の親善試合米国戦から中2日で、さらに同遠征では腹痛を起こす選手が多々いたが「オレはお腹を壊さなかった。状態?バッチグー」と笑みを浮かべ、ロティーナ監督も「試合ができる状態。メンバー入りする」と明言した。

 米国には0―2で敗れたが「Jリーグのスタメン選手や、海外でプレーしている選手たちとレベルの高いトレーニングや試合ができた」と刺激を受けた。浦和に勝てばリーグ4連勝。来年の東京五輪が見えてきた19歳は「もっと高めていきたい。C大阪で結果を出していく」と気合を入れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月12日のニュース