城彰二氏 レアル久保の魅力は「技術と判断力」 中沢佑二氏も驚き「あっという間に成長した」

[ 2019年8月11日 20:41 ]

今夏レアル・マドリードに移籍した久保建英
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表の城彰二氏(44)が11日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演し、今夏スペイン1部レアル・マドリードに移籍した久保建英(18)について言及。「レアルは日本やアジアで活躍したぐらいでは(移籍することなど)到底及ばないレベルのクラブ。それを現実にしたっていうのはサッカー関係者はみんなザワついてます。これは彼が歴代でナンバー1と言ってもいいぐらい技術は凄い」と絶賛した。

 城氏は「技術面はピカイチで、もう一つは判断力といわれる判断のスピードと判断の仕方が素晴らしい。おそらくバルセロナの下部組織で学んだのではないでしょうか。考える判断が速いので、それに技術があればどんなことでも出来てしまうというのが彼の凄さかと思います」と久保の魅力を力説。

 同番組に出演した元サッカー日本代表の中沢佑二氏(41)は久保と初めて会った時の印象を「ただの上手い高校生だな」と語り、「そこから半年から1年をかけて急激に伸びた。高校生とプロは普通車とF1ぐらい違う。それぐらい違う世界なのに、あっという間にF1の世界に慣れてしまったというのは凄い」とあまりの急成長ぶりに驚きを隠せない様子だった。

 さらにお笑いコンビ・ペナルティのヒデ(48)が過去にレアル・マドリードのペレス会長にインタビューしたことがあるというエピソードを披露。ヒデによると、当時バルセロナの下部組織に所属していた久保に対しペレス会長は「うちが取れなかった選手が2人いる。1人は久保建英。もう1人はキャプテン翼だ」と人気アニメの主人公を引き合いに久保を評価。バルセロナの下部時代から久保獲得を狙っていたことを匂わせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月11日のニュース