神戸、大分FW藤本獲りへオファー “和製バーディー”とイニエスタ競演へ

[ 2019年8月7日 03:00 ]

藤本憲明
Photo By スポニチ

 神戸が大分FW藤本憲明(29)に獲得オファーを出していることが6日、分かった。関係者によると、すでにクラブ間交渉がスタートし前向きに話が進んでいるという。獲得が決まれば、今夏4人目の補強となる。

 藤本は今季、初のJ1挑戦ながら得点ランキング9位の8得点を挙げている。裏のスペースへの抜け出し方やピンポイントで合わせるシュート技術は日本屈指。最近3試合は途中出場だが、日本代表の森保一監督(50)も熱視線を送る遅咲きのストライカーだ。

 12年に近大からJFL佐川印刷SCに入団。16年に移籍したJ3鹿児島では2年連続でJ3リーグ得点王に輝いた。18年に完全移籍した当時J2大分でも12得点で、6年ぶりJ1昇格に貢献。JFLからJ1まで4カテゴリーでの開幕弾を達成し話題にもなった。

 佐川印刷時代には午前は練習を行い、午後は社業に励んだ苦労人。アマ時代に医療用の副木を作製する技師として働き、その後プレミアリーグ王者やイングランド代表にまで上り詰めたFWジェイミー・バーディー(レスター)になぞらえて“和製バーディー”と呼ばれている。

 神戸には元スペイン代表MFイニエスタや同FWビジャらが在籍。将来的なバルセロナ化を目指すタレント軍団の仲間入りを果たすのか、注目が集まる。

 ◆藤本 憲明(ふじもと・のりあき)1989年(平元)8月19日生まれ、大阪府富田林市出身の29歳。G大阪堺ジュニアユース―青森山田―近大を経て、12年に佐川印刷入り。16年にJ3鹿児島に移籍し、同年3月13日のJ3富山戦で26歳6カ月23日のJデビュー。今年2月23日の鹿島戦で2得点を挙げ史上初の4カテゴリー(JFL、J3、J2、J1)開幕戦ゴールを達成した。1メートル75、69キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月7日のニュース