マンCロドリら3選手 マリノス・プライマリーの選手に講演

[ 2019年7月26日 15:33 ]

(後列左から)マンチェスター・シティFCのロドリ、アンヘリーニョ、フォーデンと横浜F・マリノス・プライマリーの選手達
Photo By スポニチ

 初来日したイングランド・プレミアリーグ2連覇中の王者マンチェスター・シティFCに所属する3選手が26日、都内で行われた「DAZN×マンチェスター・シティFC スペシャルイベント」に参加。U―21イングランド代表MFフィル・フォーデン(19)、スペイン代表MFロドリ(23)、元U―21スペイン代表DFアンヘリーニョ(22)が横浜F・マリノス・プライマリーの選手20人に「プロサッカー選手になるという夢を叶えるために」というテーマでQ&A形式の講演を行った。

 期限付き移籍していたPSVアイントホーフェン(オランダ)から復帰したアンヘリーニョは「サイドでプレーする時にグアルディオラ監督から求められることは?」「監督はどんな人?」という専門的な質問に「全力でプレーすること、クロスの精度とアグレッシブに行くことを言われる」「オープンでやさしい。成功を重ねてとも謙虚に日々努力をしている人」と回答。アトレチコ・マドリード(スペイン)からクラブ史上最高額の7000万ユーロ(約85億)で加入したMFロドリは「小さい頃に憧れていた選手は?」と聞かれるとレアル・マドリード時代のMFジダンを挙げ「技術が高く、ドリブル、シュート、パス、何でもできる。ルーレット(マルセイユ・ターン)を見て凄かった」と振り返った。

 マンチェスター・シティFCは27日に日産スタジアムで行われる「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019」で横浜F・マリノスと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年7月26日のニュース