神戸 新外国人獲得目前!レバノン代表DF、昨季は鳥栖でJ1残留に貢献

[ 2019年7月22日 05:55 ]

 神戸が、アルナスル(UAE)からレバノン代表DFジョアン・オマリ(30)を獲得する可能性が高いことが分かった。関係者によれば、ほぼ合意に達しており、あとは詳細を詰めるだけという。

 オマリはレバノン系ドイツ人で両国の国籍を保有。昨年も8月に期限付きで鳥栖に移籍し、チームのJ1残留に貢献した。1メートル88の長身と屈強なフィジカルが武器で、DF陣の補強が急務だった神戸が1月に続き、獲得に動いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月22日のニュース