元日本代表MF中村俊輔が横浜FCへ完全移籍「ひとつでも多くの勝利を」 カズとの豪華共演実現へ

[ 2019年7月11日 15:36 ]

中村俊輔
Photo By スポニチ

 J2横浜FCは11日、磐田の元日本代表MF中村俊輔(41)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。背番号は「46」。クラブは現在12位だがJ1参入プレーオフ出場圏内との勝ち点差は4で、来季のJ1昇格へ中村に巻き返しの切り札としての期待がかかる。

 中村は今季、リーグ戦2試合の出場にとどまり、出場機会を求めて新天地を模索していた。現在は左内転筋痛で離脱しているが、今月下旬には復帰予定。元日本代表FW三浦知良(52)、同MF松井大輔(38)、同DF伊野波雅彦(33)との豪華共演が実現することになる。

 中村はクラブを通じて「このたび、横浜FCに加入することになりました。今まで培った経験を生かして、ひとつでも多くの勝利をクラブ、そしてファンサポーターの皆様と共有できるように頑張ります。よろしくお願い致します」とコメント。

 また、磐田を通じては「このたび、横浜FCに移籍することになりました。リーグ戦で苦しい時期にこのような決断をした事、また怪我が多くピッチでプレーする時間も少なく、本当に申し訳なく思っています。この2年半は、自分のサッカー人生の中でもとても思い出深いものとなりました。ジュビロに加入した直後にも関わらず、サポーターの方々がチャントを作って応援して頂き、またサックスブルーでも10番をつけプレーした事など、感謝しかありません。チームメイト、スタッフ、スポンサー、会社の方々、ファンサポーターの皆様に心より感謝致します。ありがとうございました」とした。

 ◆中村 俊輔(なかむら・しゅんすけ)1978年(昭53)6月24日生まれ、横浜市出身の41歳。桐光学園から97年、横浜Mに加入。02年からレジーナ、セルティック、エスパニョールを経て10年に横浜に復帰。17年から磐田でプレー。00年と13年にJリーグでMVP。J1通算386戦73得点。国際Aマッチ通算98戦24得点。利き足は左。1メートル78、71キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年7月11日のニュース