磐田 名波監督が辞任を表明 ホームで敗れ最下位転落

[ 2019年6月30日 21:45 ]

磐田・名波監督
Photo By スポニチ

 J1磐田の名波浩監督(46)が辞任を表明した。30日、ホームで川崎Fに1―3で敗れて2連敗。5戦勝ちなしで、鳥栖に抜かれて最下位に転落した試合後の会見で明かした。

 試合直後にはサポーター席に行って、コールリーダーと言葉を交わしていた。中継したDAZNのフラッシュインタビューでは、後半戦の巻き返しについて聞かれ「これからも一生懸命頑張ります」と話していた。

 現役時代は磐田で黄金期を築いた元日本代表MFの名波氏は、2014年9月に当時J2の磐田の監督に就任。2015年はJ2で2位となりJ1復帰に導いた。2017年は6位と好成績を残したものの、2018年は16位と低迷し、J1参入プレーオフ決定戦にJ2東京Vに勝って残留を果たしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月30日のニュース