なでしこ オランダ戦に向けて完全非公開練習 熊谷主将、3トップを警戒

[ 2019年6月23日 22:55 ]

<なでしこジャパン練習>練習後に笑顔を見せる高倉監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 W杯フランス大会に臨んでいるなでしこジャパンは23日、レンヌ近郊で約2時間のトレーニングを行った。25日(日本時間26日)の決勝トーナメント1回戦ではオランダと対戦。この日は完全非公開で戦術面の確認に時間を割いた。主将のDF熊谷は「前の3枚が強力。スピード、パワーがある」とFWマルテンス、ミーデマ、ファンデサンテンの3トップを警戒した。

 4年前のW杯カナダ大会でも決勝トーナメント1回戦で対戦し、日本が2―1で勝利した。しかし、その後オランダは17年女子欧州選手権で優勝するなど、メキメキと力をつけ欧州屈指の強豪国に成長。フィジカル、スピードを生かしたサイド攻撃が持ち味で、日本は連動した組織的な守備で我慢強く対応することが求められる。熊谷は「後ろ(守備)の選手なのでやらせたくない。縦への突破が特徴なので、ボールの出所を抑えることが大事になる」と話し、警戒感を強めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月23日のニュース