レッズフェスタで浦和・森脇ハッスル!「選手が考えてやった」初企画の大運動会開催

[ 2019年6月3日 05:30 ]

障害物リレーでハッスルする森脇
Photo By スポニチ

 浦和は毎年恒例のレッズフェスタ(駒場)が開かれ、選手が初めて企画した大運動会などが行われた。前日の川崎F戦で劇的な同点弾を決めたDF森脇はこの日も障害物リレーなどで大ハッスル。「選手が考えてやったのは初めて。そこは良かった」と笑顔で話した。

 大槻新監督もこの日は代名詞のオールバックではなく、サラサラヘアで登場。「我々が約束できるのは日々の100%の努力。一つでも多くの勝利を届けたい」とあいさつし、約1万人の観衆を沸かせていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月3日のニュース