トットナム ケーン2カ月ぶり復帰も不発で初優勝ならず

[ 2019年6月3日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ 決勝   トットナム0-2リバプール

試合後、立ち尽くすケーン(AP)
Photo By AP

 左足首負傷から約2カ月ぶりに復帰したトットナムのエースFWケーンが精彩を欠いた。フル出場したものの、シュートは後半終了間際にGK正面を突いた1本のみ。決勝トーナメント4点で躍進の原動力となったFW孫興民も不発に終わった。

 今春に約7カ月遅れで完成した、新しい本拠地の建築費が高騰した影響もあって、今季の補強はゼロ。準決勝第2戦で3得点の、FWルーカスら脇役の活躍もありクラブ初の決勝進出を果たしたが、ポチェッティーノ監督は「決勝は内容より結果が全て」と悔やんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月3日のニュース