浦和、09年以来4連敗 オリヴェイラ監督の進退問題も

[ 2019年5月27日 05:30 ]

明治安田生命J1第13節   浦和0-4広島 ( 2019年5月26日    埼玉 )

ピッチサイドで渋い顔の浦和・オリヴェイラ監督                     
Photo By スポニチ

 浦和が大量4失点で09年以来の4連敗を喫した。ACLの北京国安戦から中4日。猛暑もあり選手の動きは重く、攻守で精彩を欠いた。オリヴェイラ監督は「ACLの消耗は回復していると思ったが、不運にもそうではなかった。一番の敗因は相手のレベルの高さ」と話した。

 試合後、中村GMは「(監督とも)いつも通りです。コミュニケーションをとりながら分析ももっと詰めてやらないといけない」と説明。今後の状況次第ではオリヴェイラ監督の進退問題も避けられない状況となってきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月27日のニュース