鹿島今季最多5ゴール!主役は白崎、26歳バースデー弾2発

[ 2019年5月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第12節   鹿島5―0松本 ( 2019年5月18日    カシマ )

<鹿島・松本>後半2分、ゴールを決める白崎(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 いくつもの“メモリアル”が重なった。鹿島は今季最多の5得点でリーグ3連勝。「次につながるし、自分としても忘れられない日になった」。2得点を挙げて主役になったのは、この日26歳の誕生日を迎えたMF白崎だった。後半2分、レオ・シルバのパスに左足を合わせてGKのニアを抜いた技あり弾は、清水からの移籍後初得点にしてクラブのホーム通算850点目。同20分には土居の右クロスを頭で叩き込み、2度目のバースデーゴールを奪った。

 「(土居)聖真君、飯誘ってください」。年下の白崎が呼びかけ、土居の自宅で安西、犬飼、三竿と愛妻の手料理を食す通称「土居会」が4月から週1で始まった。15日に誕生日の前祝いをした今回を含め、開催した週はこれで5連勝。上昇気流の中心に、輪をつなぐ白崎がいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年5月19日のニュース