村井チェアマン「ゴールラインテクノロジー」先行導入議論へ

[ 2019年5月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第12節   湘南3―2浦和 ( 2019年5月17日    埼玉 )

<浦和・湘南>前半33分、誤審で幻のゴールとなった杉岡の左足シュート(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 Jリーグの村井チェアマンは「ゴールラインテクノロジー」の先行導入を議論したい意向を明かした。

 この日、視察した浦和―湘南戦では湘南の“幻のゴール”を目の当たりにし「VAR導入には時間がかかる。一定の投資が必要となるが、ゴールラインテクノロジーの先行導入を議論していかないといけない」とした。Jリーグでは今季からルヴァン杯決勝トーナメントなどでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)の導入を決定済みで現在はFIFAの手続きに沿ったトレーニングを継続している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月18日のニュース